«

»

6月 12 2011

Print this 投稿

【哲学】ジムローン講演2:


 

Eitokiです。

ジムローンの講演その2です。

引き続きこのような話が続きました。

[成功者になるための5つのアイデア]

個人的な人生哲学を持つ。知的=理論的な部分

自分の人生を導く道標を確立する。
-> 危険を逃れるガイダンスとなる。
-> チャンスを見極める能力となる。

人間は、常に相反するものを経験する。
善だけなどありえない。
勝つだけの人生など絶対にありえない。

もしそうだったなら、それは勝負をしていないだけ。

成功とは失敗を乗り越えていくことで得られるもの。失敗したときに考え、学び、新しいものを取り入れ、実践してみる。
この繰り返しにより自分なりのガイダンスシステムを持つことが大事である。(これが人生哲学となる)

人間は上のようなガイダンスを得て、一つの生き方を6年間続ければ、次の6年間を素晴らしいものにすることができる。

なぜなら、人間はカモ(一つの生き方しかできない)ではない。選択を変えられる動物である。

世の中の風の向きは変えられないが、自分の帆の向きを変えることはできる。

成功とは自分がそこにあるものを自分に引き寄せることによって膨らむ。

自分が魅力的な人間になることが大事。技能のある人を引き付けるためには、自分がそうなることが大事

(ではどこから変えられるか?)
1.自分の経験 — 苦い経験が変えねば!という目覚ましになる。
2.他人の経験 — 成功を収めた人の体験談。
3.見るものから — 周りの人。
4.聞くものから — 1つのことに耳を傾けることで人生が変わることが多々ある。
5.本から
-> 日記を作る。(健康、ビジネス、時間管理)
-> 敬意を持って人に接すると、人は丁寧に教えてくれるかもしれない。

②生きる姿勢(何をどう感じるか?)を考える(感情的な部分

理論と感情のどちらが欠けてもだめ。
1.自分の過去をどう感じるか?

自分の過ちを再点検して、同じ過ちを犯さないよう意識する。

2.未来に対してどう感じるか?

目標や夢を(得たい技能、収入、行きたい所、欲しいもの、感じたこと)リストにする。
どんな小さな事もノートに書いてみる。そして大きな事が出来た際には大いに祝う。罰則の必要。

3.周りの人に対してどう感じるか?

リーダーになるために特に必要。
一人では何にも出来ない。
一人一人が本当に大事。

4.自分に対してどう感じるか?

成功への一歩は自信をつけること。秘訣は、日々の規律(やるべきこと)を守り、やるべき事を
きっちりとこなしていく。

③未来を見て(想像して)、実際に行動する=働く

自分が何をするかによって人間は形成されていく。行動してこそ奇跡は起きる。

例えば、建物が実際に出来上がるのは、新地状態のときに、誰かが出来上がった状態を”見た”からである。
人間は出来てないものを見る力がある(想像)。

1.想像する(強力な想像は現実となる。)
2.信念を得る(体験談や、その人のやり方から、できる!と思う)
3.作業する(自分の筋肉で)
4.パートナーシップを組む(苗木を植える人、それを育てる人。全部はできない)

④自分の進捗状況の記録をする

Progress(前に進む)度合いを数字で測ることができる。
収入の推移、買ったもの、読んだ本、参加したミーティングなど

⑤素晴らしいライフスタイル(生活様式)を確立する

良い人生とは、お金をたくさん持って、良い家に住んだり、良い車に乗ったりする事ではない、どんな人生を過ごしたかで決まる

1.何を生産してきたか?
何かを生み出す幸せ。

2.良い友達をたくさん持っているか?
自分の全て(良悪)を知っても嫌いにならない友達

3.文化・教養を身に付けているか?(芸術、音楽、伝統、本、詩など)

4.これは!という素晴らしいパフォーマンスを見逃してこなかったか?
全てをチェックすることは不可能である。(講演、絵画展、スポーツの試合、映画など)

5.人を思いやる心(愛)があるか?
人を思いやることで、他人も自分を大事にしてくれる。

6.分かち合いの精神があるか?
発見したり、学んだりしたことを分かち合う。結局自分のためになる。

最後に、

今ある技能に加えて、複数の技能を身に付けよ。外国語を学べ。
そのために、
自分なりの理論を身に付け、感情的な部分を大切にし、行動し、記録し、お金+αの素敵なライフスタイルの確立をせよ。

 


Permanent link to this article: http://mlmblog.eitoki.com/201106/success_motivation/jim_roan/84.html

0 comments