«

»

6月 07 2011

Print this 投稿

【面白図解】素直道、決断トンネル、達成の丘/勘違いランド、自己流山、愛用の湯、製品迷路他

 

Eitokiです。

これは2007年頃にニューウエイズさんを手伝っていたときに聞いた話です。
現場で真剣に実践した方はこの話が「傑作」だということがわかると思います。

ぜひ!皆さんもチェックポイントとして見てみてください。

たまたま昔の(Nw時代)資料を見ていたら、この業界の典型例をイラストにした図が出てきました。
※図参照

MLMの勘違い集イラスト

まさにこの業界の人間模様と各時期の状態をずばり!よーーく的確に言い当ててるイラストになっています。

心が病んでいる人には厳しい言葉もちらほらと。

図を見ながら、解説読んで下さい。

・家を出て成功への道をスタートするには「Exの鍵」が必要。
スタートするには、それ相当の投資をする決意と、成功する!という決断が必要。という意味

スタートしてすぐ橋があり下には「世間川」が流れている、橋には「つまずき石」がちりばめられており、いきなり世間川に落ちないように気をつけるべきである。時々自ら川に飛び込む人がいる。

・橋を渡ると正面に「素直道」がある。横を見ると進入禁止入るな危険の標識がある。ここ入ると、「自己流山」という山がある。ここに入ってしまうと、捜索願が出ても、電波は常に圏外である。

・自己流山を極め、二つほど超えてしまうと、その最深部には「愛用の湯」が待っている。ここは非常に居心地が良いので、入ると3年は出て来れない。

・立ち入り禁止区域にはもうひとつ、自己流山に入る以外に、比較的気軽に試せるが入ると嵌る「製品迷路」に立ち寄ってしまう人がいる。ここは結構人気で努力も必要。でもここに入ると出口が無い。(^^;

・まっすぐ進んで、「素直道」を通って初めて、「決断トンネル」に差し掛かる。ここに入る前にリモコンを渡される。このリモコンには『「やる」か「やらない」か2つのボタン』がある。「やる」を押さないと永遠にトンネル、、、、、、

・決断トンネルに入らないと「勘違いランド」に迷い込む。アップがどう、ダウンがどう、グループがどう、製品がどう、会社がどうと文句を言ったり、MLM/会社の評論家化する。または、俺が俺がタイプ。出口は一応あるが狭く一人づつしか戻れない。

・トンネルを抜けると険しい「9×12(5000/5000)階段」が待っている。この階段を上り始めても、週末21時になると滑り台に代わり、ある時点まで後戻りとなる。

「達成の丘」に登った先にも「権利収入/休憩所という進路」がある。権利収入の進路に進む前は必ず「月収100万/500万/1000万の札」を拾って進む事。達成に一息ついて「休憩所」に進んむのもいいが、この「ファミレス等」でまったりしている癖がつくのはご用心。なんでも、ここに一時間以上いると、店ごと、丘の下に転がり落ちるそう。お気をつけて。(^^;

皆さんは今どこにいるでしょうか?

これが笑い飛ばせる方は大丈夫。
顔が引きつる人は心配してあげて下さい。

皆さんの「ええ時」が「永遠の時」でありますように。
流れる川は凍らない。
人を繋ぐアイデアエンジニア
by Eitoki
でした。

 

Permanent link to this article: http://mlmblog.eitoki.com/201106/mlm/action_pattern/33.html

0 comments